年金

公的年金の種類

年金の基礎知識

第1号被保険者
20歳以上60歳未満の自営業者や農林水産従事者あとその妻、学生、アルバイト、無職

第2号被保険者
会社員、公務員、私立学校教職員(就職〜65歳未満、ただし老齢年金の受給権がない人は70歳まで)

第3号被保険者
第2号被保険者に養われている20歳以上60歳未満の専業主婦(ただし年収130万円未満の場合)

年金の種類と加入者

自営業者などは「国民年金」、会社員は「厚生年金」、公務員は「共済年金」に加入。給付の際には基礎年金と呼称される年金のベース部分となります。

会社員は勤務先が厚生年金に加入していれば、それが上乗せされます。公務員には職域年金部分が上乗せされます。

年金は高齢になった場合の老齢年金、病気やケガで障害を負った場合の障害年金、配偶者を失った際の遺族年金が支給されます。