消費者金融審査

審査が激甘費者金融とは

消費者金融でも各業者によって審査基準は異なります。簡単に借りれる金融会社もあれば、なかなか審査に通らない金融会社もあります。

借りる側からしてみれば、簡単に借りれる金融会社のほうが有難いわけですが、そういった業者は貸金業法の改正などで希少となってきました。

どこからも借り入れが不能な人が対象

激甘審査のローン会社とは基本的にどこからも借りれない人を対象としています。なぜならば、審査に通るような人は何もそんな危ない橋を渡らなくても、低金利の大手消費者金融で借りるからです。

大手のほうが金利も低いし何かと便利なのは言うまでもありません。そして何よりも銀行系なので安心して借りれます。

その点、激甘系の金融会社は上限金利一杯の利息ですし、何よりも大手のように名も通っていません。借りる側からしてみれば、少々不安になるのも当然のことでしょう。

しかし、どこからも借り入れが不能なので、藁をもすがる想いで申し込んだことは容易に想像できます。

審査が甘い理由

では、なぜ借り入れ審査がそれほど甘いのでしょうか?普通に考えればどこからも借り入れ不能な人は、返済能力が低いと見なされていますので、仮に融資をしたところで返済不能となる可能性は高くなります。

お金を貸す側からしてみれば、融資金が焦げ付く危険が高いわけですが、それと知っていて敢えて融資を実行するからには、回収には絶対の自信があるという現れに他はないでしょう。

一昔前のような手荒な取り立ては出来ませんが、それでも家や勤務先に取り立て屋がきたら精神的に追いやられていまいます。

このような審査が甘い金融業者というのは、どこからも借り入れが不能な人を相手に融資を実行しているのです。

郵便

消費者金融の発祥

日本における貸金業の歴史は古く、すでに鎌倉時代には高利貸しの代名詞として「土倉」「借上」といった名称で呼称されていました。

また、そういった高利貸しに対応する手段として、庶民が相互に手を合わせる組合として「頼母子講(たのもしこう)」が設立されています。

更に、中国から「無尽」という質物金融のやり方も伝来し、江戸時代に入るとそれらかミックスした両替商に発展していきました。

これほど古い時代から、貸金業と消費者の関係は続いていたのです。