債務整理

任意整理について

任意整理とは、支払い不能に陥った消費者が、貸主である消費者金融と交渉をして、その後の返済方法
を決める制度です。殆どの場合は、消費者の支払い能力等に応じて借金の元本や利息を減額してもらっ
て、それを分割で支払うという方法になります。

交渉については、個人でも可能ですがなかなか応じてもらいないことが多いことから、弁護士などの専
門家に依頼したほうが物事がスムーズに進みます。

任意整理の手順は以下のようになります

  1. 現在の借入状況の調査
  2. 債務の確定
  3. 金融業者へ提案する整理案の作成
  4. 金融業者との交渉(減額、支払い方法)
  5. 整理案に対する金融業者の承諾
  6. 整理案に基づいた弁済の開始

自己破産と違うところは、借金の額が減額されるというだけで、自己破産のようにゼロにはなりま
せん
。したがって、任意整理が合意した後は整理案に提案した支払い方法に基づいて、弁済を開始し
なければなりません。

また、弁済が途中で不履行になれば合意そのものが破棄されて、減額された借金が元の額に戻されてし
まいます。したがって合意後の支払いはきちんと履行していくことが重要です。

0

弁済方法

整理案では減額された残金の弁済方法も記載されています。弁済方法は、一括返済が可能であれば一括
弁済案を作成し、それが不可能な場合は、分割払いになります。

分割払いは、毎月の給料より生活に必要な経費を差し引いた上で、弁済に充てられる金額を確定し、こ
れを配当原資として支払いにまわします。通常は3年以内での完済することが前提となりますが、事情
がある場合は5年まで延長が可能です。

たいていの場合、金融業者側は任意整理の提案に応じてきます。と、いうのも任意整理に応じなければ
、自己破産をされてしまうからです。任意整理なら、融資金は減額されるもののいくらかは回収されま
すが、自己破産では一円も回収できなくなってしまうからです。