審査の甘いキャッシングローンと消費者金融会社を特集

消費者金融一覧

審査基準が低く借りやすい消費者金融をお探しの方は当サイトをご利用下さい。

金融会社の選び方

消費者金融を大まかに分けると「大」「中」「小」の三つに分類できます。「大」とはアコム、プロミスなどに代表される大手の消費者金融です。

「中」とは準大手、あるいは中堅と言われる消費者金融です。そして「小」は中堅よりも更に規模の小さな個人経営の街金です。

 消費者金融の種類  審査基準
 個人経営のマチ金  中小クラスの消費者金融では審査に通らない人を対象にしている個人ローンです。審査は甘いのですが、違法業者もいますので要注意。
 中堅クラスの消費者金融  大手消費者金融では審査に通らない人を対象にしているローン会社です。個人経営から全国展開している業者もあり、全国的に一番多いのがこのクラスの金融業者です。大手よりは審査基準がゆるいので、一番借りやすいといえるでしょう。
 大手キャッシング会社  消費者金融の最高峰に属するのが、大手銀行系のカードローンです。多重債務者では審査には通りませんが、何よりも低金利で数多くの金融商品がありますので、大変魅力的な個人ローンといえるでしょう。

お金を借りる前に

お金を借りる前に今一度、現状を振り返ってみましょう。

  • 借りるお金は本当に必要ですか?
  • 確実に返済できる目途はありますか?
  • 返済計画は完了していますか?
  • 借りようとしている金融業者は、正規の貸金業者ですか?
  • 親や知人から借りれませんか?

ギャンブルや投資のためにキャッシングをすることは言うまでもなく言語道断です。また、レジャーなどをするために借金をするのも、あまり褒められたものではありません。

可能であれば、自分の収入の範囲内でやり繰りすることがベストです。お金を借りてしまえば、必然的に利息を支払わねばならなくなってしまいます。借りた額が大きければ大きいほど、その利息も大きくなっていくのです。

それと、キャッシングの際に一番重要なことはきちんとした返済計画の立案です。返済計画もなしにお金を借りてしまうことは、地図を持たずに旅行するようなものです。自分の収入の中からどの程度の支払いが可能で、どのくらいの期間を返済に充てるのかを事前に考えておくべきです。

消費者金融への毎月への返済は、予め最低支払い金額が設定されています。その最低金額のみを支払っているようでは、いつまで経っても借り入れ総額が減りませんし、逆に利息によって元金が増えてしまう可能性もあります。

可能であれば、少しでも多く支払いに充当して、元金を減らしていく努力をすべきです。

審査に通らない理由

どうしても今すぐにお金が必要な方は、それこそ藁をもすがる思いでその願いをローン会社に託します。

「どうかお金を貸して下さい」といった心境だと察しますが、金融業者はお金を貸して利益を得るのが商売ですので、そのような願いをすることはお門違いかと思います。

お金を借りて儲けさせてあげるのだから「借りてあげる」のが筋なのでしょう。

しかしそれは他社からの借入がない普通のサラリーマンの話であって、他社からの借入が複数ある人ではそのような態度には出れません。

多重債務者への融資はローン会社にとっても非常に高いリスクを背負うことになりますし、もしも貸し倒れにでもなってみれば審査を実施した担当者にも責任問題が出てきます。

したがって、そのような問題がありそうな消費者については、審査で落としてしまうことが、何も問題が発生しない最良の方策というわけです。

キャッシング別で検索

どこで借りるか迷っている方、損のしないキャッシングが必要です。

現在の借金総額が少ない方は、基本的にどこの消費者金融でも審査には通りますので、迷わず大手メガバンク系列のキャッシングローンを選びましょう。大手のほうが金利は低くて借りやすいのが実情です。

借金総額が多い方は、大手では審査には通りませんのでワンランク落として中小中堅の消費者金融を選択することで、審査に通る可能性が高くなるはずです。誰しも審査に落ちるのは嫌なものです。確実に借りれるローン会社をリサーチしておくことが重要です。

大手

大手金融会社

※借入件数3件以内
 知名度 有り 
 金利  3.0%〜
 審査  多重債務者には不向き

中堅

中堅金融会社

※借入件数3件〜5件
 知名度 一部有り 
 金利  15.0%〜
 審査  柔軟審査、甘い

小規模

小規模金融会社

※借入件数5件〜
 知名度 無し 
 金利  18.0%〜
 審査  多重債務者向き

レディース

女性専用レディース

※借入件数0件〜6件
 知名度 一部有り 
 金利  12.0%%〜
 審査  女性向けなので借りやすい

返済が苦しくなったら

当初の返済計画を履行するにあたって、何らかの都合によって支障をきたす場合があります。たとえば、仕事先をリストラされたり病気によって休業せざるを得ない状況に陥ってしまうことも少なくないでしょう。

そうなってしまえば、毎月決められたキャッシングローンの支払いが不履行になってしまいます。大手の消費者金融の場合は、リストラなどの理由で支払いが不能になった場合の保険がある場合もありますが、中小や中堅以下の金融会社はどんな理由があるにせよ、支払いを猶予してくれることは万が一にもありません。

一月でも支払いが遅延すると、とたんに督促の電話が自宅や勤務先へかかってきます。それでも支払わない場合は、直接取り立てに押し掛けてくるでしょう。ひと昔前のような厳しい取り立て行為は法律で規制されていますが、サラ金の取り立て屋が自宅や勤務先に現れたら、それだけでも精神的な負担になることは間違いありません。

そのような事態に陥らないためにも、取り立て屋が来るより以前に、自分から消費者金融のほうへ相談することがベストです。金融業者側にしてみれば債務整理をされてしまえば困るので、返済計画について相談に乗ってくれるはずです。一番最悪な行動は、逃げてしまうことです。いわゆる「夜逃げ」ですが、逃げたところで問題は解決しませんし、逆に悪化するだけです。