確実に借りれる消費者金融

借入件数4件以上でも融資可能

借入で失敗しないためには、慌てずに時間をかけて各金融業者の貸付条件を比較した上で、自分にとって一番有利だと思える業者を選択すべきです。比較するポイントは「金利」「審査基準」等になりますが、支払い方法なども考慮すべきポイントです。借りるのみでなく、後々返済していくことも考えておくべきです。

  • 金利・・・・・少しでも低い業者を選ぶ
  • 審査基準・・・審査に自信がない人は甘い業者を選ぶ
  • 限度額・・・・目先の限度額に惑わされない、最初は50万円程度になる
  • 支払い方法・・長期返済ならリボルビング、早く完済したいなら自由返済
  • 資本力・・・・資本力の高い業者のほうが信用も高い

また、上記の比較項目の他にも貸金業登録番号なども頭に入れておくべきです。登録番号の先頭が(1)であればまだ開業間もない業者ですので、信頼性が低くなりますし、逆に(3)であれば三年毎に更新になりますので、開業して9年が経過していることになりますので、信頼性も高くなります。

審査に通らなかった場合

不幸にも審査で落とされた場合、金融業者に聞いても理由を教えてくれませんので、なぜ落とされたのかを自分で考えなくてはなりません。もしも過去に自己破産をして信用情報機関のブラック情報に登録されていたり、無収入の無職であれば100%審査に通りませんのであきらめるより他はありません。

また、現在の借入先への返済が滞っていたりする場合も、情報機関の個人データに記載されている場合がありますので十分な注意が必要です。

注意するポイント

中堅中小消費者金融

中堅中小消費者金融の特徴は、大手のように機械的に審査の可否を判断されるのではなく、まだ人間味の柔軟さが残っているということです。かつての消費者金融は窓口での審査が一般的でしたが、その際には申し込み者の人間性まで審査の対象とされていました。

現在主流のネットからの申し込みでは相手の人間性まで判断されることはありませんが、未だにかつての人間味が残っているのが中堅中小の業者なので、審査に通る可能性があると期待してもいいでしょう。

中堅

借入件数3件〜6件

 知名度 一部有り 
 金利  15.0%〜
 審査  柔軟審査、甘い

零細小規模消費者金融

大手中堅で借りれなかった人が最終的に辿り着くのが、この零細消費者金融なので、兎に角審査基準が緩いのが最大の特徴です。といっても、かつてのように何が何でも審査に通すというような荒っぽい業者は、貸金業法改正や数々の規制によってその姿も希少となってしまったのが現実です。

何が何でもお金を借りたい、借りれる可能性に賭けたいと考えるひとは申し込んでみてください。

小規模

借入件数5件以上

 知名度 無し 
 金利  18.0%〜
 審査  多重債務者向き

当サイトのご利用ガイドです。

http://auction.sub.jp/